カテゴリー別アーカイブ: 未分類

お手軽に株を始めてみたい方にはミニ株がお勧め

日頃、なんとなく「株やってみたいなぁ」と思っている方は多いと思いますが、企業の株を購入するためには、証券会社の口座を開設する必要があります。

「ネット証券は手数料が安くて良いらしい」ということまでは知っていても、そこからがまだまだ大変です。
なぜなら、ネット証券の種類は数が多く、手数料や機能の使い勝手など、これから株を始めるにあたって重要な点が、各ネット証券会社によって違うからです。

私は現在、SBI証券・楽天証券・松井証券の口座を持っていますが、実際に株を購入するのに使用したことがあるのは、SBI証券のみです。

その理由は、私が株取引未経験者の方にSBI証券をぜひともオススメしたい理由でもあるのですが、SBI証券では「ミニ株」が購入できることです。

株の購入は、基本的には、企業ごとに決められている「単元」という単位で行われます。多くの企業の株が、1単元を100株と定められており、株の購入は、「1単元=100株、2単元=200株」という風に行います。

つまり、これから株を始めようかと思っている方が、
「A企業は、日常的にサービスを利用していて気に入っているし、将来性もありそうだから、株を購入してみたいわ!」と考えても、
もし、A企業の株が、株価1000円・1単元=100株であれば、購入資金として、最低でも10万円必要になってきてしまいます。

株をやったことがない方が、いきなり10万円も投資するのは、なかなかハードルが高いのではないでしょうか。

しかし、SBI証券では、「ミニ株」という制度があり、1単元=100株の企業であっても、1株から購入することができるのです。
つまり、先ほどのA企業の株であれば、1000円から購入できることとなり、少ない資金で株取引を始めることができるようになるのです。

気軽に投資をはじめられるSBI証券

株式やFX(外国為替証拠金取引)など試算運用を始める方は増えています。これからはじめてみようと考えている方も多いのではないでしょうか。これらの取引を行う為には、まずは証券会社に口座を開く事が必要です。そこで今回は、国内でも人気のSBI証券についてご紹介したいと思います。

SBI証券について
SBIホールディングス株式会社の100%出資子会社でもあり、口座開設数300万口座を超えるインターネット証券のパイオニア的存在でもあります。アベノミクスやNISAのスタートなど、個人投資家からも人気で、30代や40代を中心に50代、60代の方や、最近では多くの女性の方も口座を開設しています。
又、オリコン顧客満足度ランキング ネット証券部門では1位を何度も獲得するなど絶大な人気を誇ります。

業界屈指の国内株式格安手数料
国内株式においては、1注文の約定代金に応じて手数料が決まるスタンダードプランと、1日の約定代金合計額に応じて手数料が決まるアクティブプランが用意されています。
例えば1日の間に複数の銘柄を購入または売却したい人にとっては、アクティブプランは約定金額10万円以内であれば何度取引しても103円(税込み)で済むためおすすめです。もちろんどちらのプランも業界屈指の格安手数料となっています。

NISA口座もおすすめ
SBI証券のNISA口座なら国内株の売買手数料が対象コースでは恒久的に無料となっています。
さらに海外ETFも買付無料やIPO銘柄の購入もできるといった点もSBI証券の特徴です。

少額でも始められる
通常、株式の購入になると最低でも100株、10万円程は用意しなければいけません。一方、SBI証券で取り扱われているS株では、1株から購入する事が出来ます。

これなら気軽に株式を楽しむ事が出来ます。資金が足りなくて手の届かなかった銘柄も、これなら手が届くようになるといえます。この様に、SBI証券では個人投資家を中心に気軽に資産運用にチャレンジする事ができる魅力の証券会社といえるのではないでしょうか。

適時開示情報閲覧サービスでIRを確認

株価の動きを監視していると、それまで小幅な動きだったのに突然大きく動くときがあります。
そんなときは会社側からIR情報が発表されていることが多いのですが、株式投資の掲示板などでは会社のホームページに掲載される前に、「IR情報が発表された」と書き込まれることが多いです。

本来、会社から発表されるまで誰も知らないはずのIR情報が、
何故このように先取りされているのか不思議に思うことはないでしょうか。
もしこれが特定の人のみに先に公開されているならインサイダーになります。

答えは意外と簡単な話で、会社のホームページに掲載されるより先に、
適時開示情報閲覧サービスに情報が掲載されるためです。

短期売買を行う投資家は特にこれらの情報を少しでも早く知るために、適時開示情報閲覧サービスの更新に目を光らせています。
自分の持っている銘柄の株価が急に動いたときはチェックしてみましょう。

参考:適時開示情報閲覧サービス

NISAは店頭で説明を受けるべき

私は10年程前に投資信託を始めたのですが、その時の銀行の担当者の説明で、投資信託のリスクや軽減税率等を理解しました。

そうして始めた投資信託ですが、その利益に対する軽減税率が廃止され、2014年から20%に戻るとの事で登場したのが、一定額までの投資にはその利益に対する税率を0%にするというNISAでした。

興味を持った私は早速ネットで検索し、NISAのメニューには購入手数料がかかるものと無料のもの、分配金が有るものと無いもの、その分配金を元本に組み入れる方法と毎回受け取る方法等が有る事を理解し、2015年の規定の非課税枠に基づき100万円でNISAを始めました。

そして2016年からはその非課税枠が120万年円になったので、昨年購入した100万円のNISAをNETで売却し、今年の枠の120万円と併せて220万円分を購入しようとしたのですが、何とそれは出来ませんでした。

NISAの非課税枠とは年に1回しか使えない枠だったのです。
従って、昨年の枠で購入したものを売却しても、今年の枠が増えるわけでは無いのでした。ネットで簡単に売買出来るNISAですが、店頭での説明を受けて売買する場合との理解度の差は大きいと感じましたので、初めてNISAを購入する場合はやはり店頭で詳しい説明を受けてからをお勧めします。

企業の社会的責任(CSR)を考える

投資家にとって“良い企業”とは……。
社会にとって“良い企業”とは……。
投資家にとっても、 社会にとっても“良い企業”はあるのだろうか。
これからの投資家は、“社会との関わり方”をしっかり考える企業を見極める必要が出てきました。
おカネから、環境へ、社会的責任へ。
投資の在りかたは、CSR(企業の社会的責任)をキーワードに、いま、大きく変わり始めています。

罪を犯す株式投資?
その昔、1920 年代のアメリカのことです。今でもそうですが、教会は信者からの寄進による莫大な財産を持っていました。その財産の運用に際し、多くの教会は、アルコール、タバコ、武器、そして賭博への投資を一切認めませんでした。信者からの浄財をそのような株式に投資して、お金をもうけることは、教会として許されない行為と受け止めたのです。信仰に基づいて投資先を制限したのです。実はこれがいま世界で大きな流れとなっている「社会的責任投資(SRI)」の源流のひとつといわれています。トリプル・ボトム・ライン 多くの場合、「お金」という物差しで見て評価が高ければ、投資対象になります。ところが、近年、会社が大きくなり、その行動が社会に対し大きな影響力を持ち、なかには大きな被害をもたらすことも出てきたところから、「たくさん」稼ぐではなく、「どう」稼ぐかを大切にする動きが投資の世界で活発になってきました。環境やCSR に配慮する企業を支援し、社会に対して不適切なやり方で利益を上げようとする会社をチェックしていこうというわけです。
このような投資行動を社会的責任投資(SRI)と呼びます。
ところで、SRI は実際どう行われているのでしょうか。一般的なSRI ファンドでは、まず、財務面での1次調査で投資対象候補先となる企業群を選びます。次に、それらの企業について、環境やCSR の面から2次評価を行い、投資しても良い企業を更に絞り込みます。
この作業をソーシャル・スクリーニングといいます。ここで大きな役割を果たしているのがトリプル・ボトム・ライン(TBL)の考え方です。ボトム・ラインとは英語で最終利益のことです。トリプルは、3 つですから、TBL とは3つの最終利益のことになります。即ち、会社を、財務、環境、社会的責任の3分野で評点し、それらの総合評点で投資判断をするのです。仮に、財務の面でどんなに評価が高くとも、環境や社会的責任で評価が低ければ、投資対象から外れることにもなります。株主行動主義 当たり前の話ですが、株式に投資することは「株主」になることです。SRI をするだけでも、企業に対し大きなプレッシャーとなりますが、それだけではモノ言わぬ株主にとどまります。そこで、環境やCSR をより進めるために、積極的に会社に要望を伝えるとか、株主総会で株主提案や議決権行使をするなど行動する株主が増えてきました。これらを称して「株主行動主義」といいますが、いま、世界で大きな流れになっています。環境やCSR を大切に思う株主が行動することで企業が変わるケースが増えています。
アメリカにドミニ女史というSRI の世界で大変有名な方がいます。株主行動主義の実践者でもありますが、彼女がSRI に取り組むきっかけはこうだったそうです。ニューヨークの証券会社で働いていた折、同僚の一人が隣の席で、大きな軍需契約を取る可能性の高い会社の株式をお客さんに買い推奨しているのを耳にした彼女は、突然、その会話に激しい嫌悪感を覚え、それを機に会社を辞め、環境やCSR に取り組む企業を応援するためのファンドを始めたというのです。初めは誰も相手にしてくれなかった彼女のファンドはいまではアメリカはもとより世界中で有名になっています。300 兆円の世界 ところで、SRI は実際のところ、どれほどの広がりがあるのでしょうか。ひとつの指標としてSRI の投資残高があります。ある統計ではアメリカで約250 兆円、ヨーロッパで40 〜 50 兆円もあるそうです。合計でなんと300 兆円レベルの規模です。東京証券取引所の時価総額が500 兆円台ですので、その大きさが容易に想像できます。日本では、SRI 関連の投資信託ファンドは4 月現在、28 本で残高が約2900 億円です。海外との格差の大きさに驚かされます。投資家冥利

日本ではCSR がブームです。環境やCSR の報告書を出している企業は800社を超えるそうです。ここ数年で急速に増えました。この勢いがいつまで続くか心配する向きもありますが、企業にCSR を求める声は世界の流れです。これからもますます大きくなると思われます。例えば、ISO という国際機関でCSR のあり方について世界標準を作る作業が日本も含め多くの国が参加して議論が進んでいます。2008 年中には完成します。同じISO が作った環境管理のISO14001 は日本では非常に盛んになりました。CSR の標準化はISO26000と呼ばれ、日本でもはやることになりそうです。

また、EU では政策レベルでCSR が議論されています。フランスの上場企業は、年次報告書に環境やCSR についての記述が義務付けられています。ドイツでも今年から始ります。このように、世界で企業がますますCSR に取り組むことになります。とすれば、投資家もその流れに乗り遅れぬよう、企業を見る3つの目(TBL)をしっかりと養う必要が出てきました。

地球社会を考えるとき大切なことは、環境やCSR に取り組む企業を「投資」の持つパワーを使って支援していくことです。投資家が変わることで会社が変わります。そして会社が変わることで社会が変わります。その目指す先は、持続可能な社会を築くことです。
そうなれば、投資家冥利に尽きることになりませんか?