お手軽に株を始めてみたい方にはミニ株がお勧め

日頃、なんとなく「株やってみたいなぁ」と思っている方は多いと思いますが、企業の株を購入するためには、証券会社の口座を開設する必要があります。

「ネット証券は手数料が安くて良いらしい」ということまでは知っていても、そこからがまだまだ大変です。
なぜなら、ネット証券の種類は数が多く、手数料や機能の使い勝手など、これから株を始めるにあたって重要な点が、各ネット証券会社によって違うからです。

私は現在、SBI証券・楽天証券・松井証券の口座を持っていますが、実際に株を購入するのに使用したことがあるのは、SBI証券のみです。

その理由は、私が株取引未経験者の方にSBI証券をぜひともオススメしたい理由でもあるのですが、SBI証券では「ミニ株」が購入できることです。

株の購入は、基本的には、企業ごとに決められている「単元」という単位で行われます。多くの企業の株が、1単元を100株と定められており、株の購入は、「1単元=100株、2単元=200株」という風に行います。

つまり、これから株を始めようかと思っている方が、
「A企業は、日常的にサービスを利用していて気に入っているし、将来性もありそうだから、株を購入してみたいわ!」と考えても、
もし、A企業の株が、株価1000円・1単元=100株であれば、購入資金として、最低でも10万円必要になってきてしまいます。

株をやったことがない方が、いきなり10万円も投資するのは、なかなかハードルが高いのではないでしょうか。

しかし、SBI証券では、「ミニ株」という制度があり、1単元=100株の企業であっても、1株から購入することができるのです。
つまり、先ほどのA企業の株であれば、1000円から購入できることとなり、少ない資金で株取引を始めることができるようになるのです。