母子家庭でもお金は借りることができます

母子家庭の人の場合、収入が少ない傾向にあるということでお金を借りるのが難しいように思われますが、収入や年齢など一定の条件を満たしていれば借りられる可能性は高いです。

消費者金融ではパートやアルバイトといった非正規雇用であっても、一定の収入があり、年齢も消費者金融が定める年齢に入っていればお金を借りることが可能です。

利用目的は問われず、日常の生活資金から冠婚葬祭や子どもの教育に関する費用など、さまざまな場面で利用することが可能です。

利用目的によってはすぐにお金が必要になることもありますが、申し込みをしたらその日のうちにお金を借りられることもあるため、母子家庭の人でも利用しやすいものです。

また、返済も各消費者金融が定める一定の期間以内にできれば無利息で利用できるなど、安心して借りられるようになっています。

一方、自治体では母子家庭をはじめとするひとり親家庭向けに、子どもの教育費や就労のための準備資金などさまざまな目的で利用できる貸付制度があり、償還期間も数年から10年単位ととても長く設定されていて利用しやすいようになっています。

利息はかからず、償還期間を守れば違約金が発生することもないためより負担をかけずにお金を借りることができます。

参考:母子家庭で困ったら市役所でお金を借りる