気軽に投資をはじめられるSBI証券

株式やFX(外国為替証拠金取引)など試算運用を始める方は増えています。これからはじめてみようと考えている方も多いのではないでしょうか。これらの取引を行う為には、まずは証券会社に口座を開く事が必要です。そこで今回は、国内でも人気のSBI証券についてご紹介したいと思います。

SBI証券について
SBIホールディングス株式会社の100%出資子会社でもあり、口座開設数300万口座を超えるインターネット証券のパイオニア的存在でもあります。アベノミクスやNISAのスタートなど、個人投資家からも人気で、30代や40代を中心に50代、60代の方や、最近では多くの女性の方も口座を開設しています。
又、オリコン顧客満足度ランキング ネット証券部門では1位を何度も獲得するなど絶大な人気を誇ります。

業界屈指の国内株式格安手数料
国内株式においては、1注文の約定代金に応じて手数料が決まるスタンダードプランと、1日の約定代金合計額に応じて手数料が決まるアクティブプランが用意されています。
例えば1日の間に複数の銘柄を購入または売却したい人にとっては、アクティブプランは約定金額10万円以内であれば何度取引しても103円(税込み)で済むためおすすめです。もちろんどちらのプランも業界屈指の格安手数料となっています。

NISA口座もおすすめ
SBI証券のNISA口座なら国内株の売買手数料が対象コースでは恒久的に無料となっています。
さらに海外ETFも買付無料やIPO銘柄の購入もできるといった点もSBI証券の特徴です。

少額でも始められる
通常、株式の購入になると最低でも100株、10万円程は用意しなければいけません。一方、SBI証券で取り扱われているS株では、1株から購入する事が出来ます。

これなら気軽に株式を楽しむ事が出来ます。資金が足りなくて手の届かなかった銘柄も、これなら手が届くようになるといえます。この様に、SBI証券では個人投資家を中心に気軽に資産運用にチャレンジする事ができる魅力の証券会社といえるのではないでしょうか。